自分の描いた昔の漫画を引っ張りだして読んでみると、ああ、自分の中には確かにこういう心持ちもあった、と思い出されて、胸の内側をひっくり返すような気持ちになります。最近テンションの高いものばかり描いていたのでなんだか懐かしいような気持ちにさえなる。

自分の深いところにあるような心持ちを漫画に落とし込んで描くのは好きです。それについて議論したり、助言から守り抜いたりすることはまだ巧くできないので、個人的に大事に描くしかないのが現状ですが、いつか、守りながらうまく表現していけるようにもなりたいものです。(客観的になんてなれないから、客観的な言葉に率直に傷ついてしまうんだなあ。)

広告を非表示にする