おはようございます。といってももうお昼ですが。

部屋の掃除をしていたら、びんせんがたくさん出てきました。文房具、とくに便箋にはすてきなデザインのものがたくさんあり、こどもの頃からついつい手にとっては購入してしまいます。その反面、手紙を書く機会がまったくないので、引き出しにたくさん溜め込まれることになり、一向に使われません。そして捨てるのももったいない。

好きな人にファンレターを書こうと思ったこともあるのですが、パソコンでこうして文字を打つこと、打ち込んでからもきれいに消すことができる安心感、に慣れてしまうと、アナログで納得のいく文章を書くのが、なんとも難しい。けれど、最近は隠居ぎみだったポメラを引っ張り出して、短い手紙でもいいから書く癖をつけないと、書けるようにはならないのだろうなと反省しています。

というわけで筆まめなひとに憧れがあるのですが、そういう人は長い手紙を書くことににも長けているうえ、ふとした折に、ささやかな機会に、さりげない手紙をくれるのです。びんせん一枚、もしくは、一筆箋にひとこと。もらうととても嬉しいものです。私もそういうふうに、手紙を身近にできるようになりたいのですが。

広告を非表示にする